とある女の偏愛日記

管理人の偏愛ものについて語る、感想文的日記。 読んだ小説と漫画の感想が中心。その他にも映画やTVなどの紹介予定もあり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
長い間・・・
更新&コメントのお返事が滞ってしまい、申し訳ありません。

コメントのお返事は後ほどさせて頂くとして、まずは近況報告から。

前回の更新後、身体を壊してしまい、回復するのに時間がかかってしまいました。

前回書いた症例(鼻がやられている)も、どうやら風邪だったらしく・・・おかげさまで、風邪からかなり回復したので、鼻水も収まってきました。

しかし、何よりも「食べれなかった」ことが辛かったです。

今まで風邪引いて高熱が出ても、結構元気で「ホントに病人なん?」と言われるくらいでした。

が、今回は胃がやられてしまい、回復するのにかかった時間はいつもの倍・・・。

「なんで、こんなに時間かかるんやろ?」と考えてみると、今まで風邪引いて
(食べ過ぎなら「数知れず」ですが)胃を壊したことがなかったんですよ。

いつも頑丈なところが壊れると、普段の倍以上のダメージを食らうのは必至。

風邪の時に胃を壊すと、どれだけ辛いか良く分かりました。

次回は「体調不良」をキーワードに、「出先で気分が悪くなった状態で、できるだけ安全に家まで辿り着く方法」というのを書いてみたいと思います。

上記のような状態になる頻度はそれほど多くはありませんが、決して少なくもないnanaichi28号の経験を元に書いていく予定です。

でも、そんな状態にならないためには、普段の健康管理が第一。

どこから風邪を貰ってきたか分からないくらい、巷でも風邪が流行っているらしいので、皆さんも風邪にはくれぐれも気を付けて下さいね!!


スポンサーサイト
「RECYCLE Greatest Hits of SPITZ」
最近、朝晩の寒暖の差も激しくなってきて、「これからもっと寒くなって冬に近づいてくるんだなー」と思いながら、外に出るとぶるぶる震えています。

こんな気候は、アレルギー持ちの私には辛いところ。
皮膚と鼻がやられてしまい、微妙に体調にも影響していますが、概ね元気です。

そんな最近の私の睡眠のお供は、音楽。

主に皮膚のかゆみを紛らわすために、40分前後のスリープ設定をした後、部屋を真っ暗にして床に就き、睡眠導入剤代わりに聴いています。

音楽は、邦楽・洋楽・クラシックなどジャンルは様々ですが、最近はもっぱらスピッツのベストアルバム、「RECYCLE Greatest Hits of SPITZ」を聴いています。

B00004SANV.09._OU09_PE15_SCMZZZZZZZ_.jpg


ベストアルバムだけあって、「空も飛べるはず」や「チェリー」などの1993年~98年のヒット曲が13曲入っているお得なCD。

最近の曲はあまり聴いていませんが、スピッツの曲には結構思い入れが強くて、時々思い出すと暫く狂ったように聴き倒します。

このCDも4・5年前に、急に「楓」が聴きたくなってで買ったもの。

それ以来、夏から秋、秋から冬の季節の変わり目になると、無性に聞きたくなって、CDラックから引っ張り出してきます。

こんな風に思い出したように引っ張り出してくるのは、彼らのどこか懐かしさを感じさせる曲が、季節の変わり目になると恋しくなってしまうだからかもしれません。

それから、季節の変わり目に聴くと、スピッツの曲が持つ、懐かしさやせつなさ、優しい眼差しがぐっと引き立つような気がします。そんな気がするから、この時期に好んでスピッツの曲を聴くのかもしれません。

スピッツの曲は聴きやすいので、世代関係なく聴けると思います。
ミスチルやゆずが好きな方だったら、たぶん大丈夫なはず。

レンタルショップなら間違いなく旧作で借りられるので、お暇な時に気が向けば一度お試し下さい♪
マナビノマツリ
今日は珍しくプライベートな話を。
といっても、昨日の話になりますが(苦笑)

昨日、私が籍を置いている大学の学祭に行って来ました!

実は大学通い始めてもう何年か経つのに、自分の大学の学祭には行ったことありませんでした(よその大学の学祭ばっかり行ってた)。

そんな私と境遇を同じくする友人たちと「今年は行こうや♪」と言い合い、いざ学祭初日の大学へ。

学祭楽しむ前に、なぜか事務局に行く羽目になってしまったり、
友人を待っている間に、宗教関係のサークルの観劇の勧誘に何度も遭ったり・・・

なども致しましたが、無事メンツも揃って、学祭会場に潜入。

大学内のメインの通りにずらっと並ぶ、出店の数々。
普段立ち入り禁止の芝生に設置されているステージ。
メイド、セーラー服、チャイナドレス、バニー、ネコミミ、着ぐるみ・・・様々な仮装に身を包む人々。

自校の学生の他にも、他大学の学生やおばちゃん、幼稚園くらいの子ども、高校生など、色んな人が通りを行き来していていました。

人がごった返す道を歩いていると、

「ああ、祭りだなー」

そう思えるほど、そんな祭りの熱気がビンビン伝わってきて楽しかったです。

雰囲気を楽しみながら、占いしたり、飲み食いしたり、ステージ見たりして、夕方まで学祭を存分に楽しんだ後、バイトに向かいました。

その後のバイトが、あんまり楽しくてはしゃぎすぎたせいか、とっても眠かったです・・・体は動いていましたが、脳内は寝ていました(笑)

くたびれちゃうほど楽しかったんです。

「今まで勿体ないことしたなー」と思うくらい。


家に帰ってから、その感想をブログにまとめてようとしたら、その前のテンプレートのデザイン変更の時点で力尽きて(気が付くとPCの前で寝ていた)いたのは、ご愛嬌ということで(^_^)













[マナビノマツリ]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。