とある女の偏愛日記

管理人の偏愛ものについて語る、感想文的日記。 読んだ小説と漫画の感想が中心。その他にも映画やTVなどの紹介予定もあり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
出先で気分が悪くなってしまったら・・・?<後編>
課題が思うように進まず、しばし現実逃避にブログの更新です。

「こんな感じで大丈夫かな・・・?」と不安を抱きつつも、「まっ、何とかなるさ♪」と根拠のない自信に満ちている、私。それが一番危ないのに・・・。

そんな感じでお送りする、前回の「出先で気分が悪くなってしまったら・・・?」<前編>にひきつづき、今回は<後編>です。

<後編>は、出先から家にできるだけ安全に帰る方法です。

<できるだけ安全に帰るには・・・?>

気分の悪い状態で帰るにあたって、一番大切なことは、

無理をしない

ことです。

気分が悪い状態だと、早く家に帰りたいという気持ちは分かります。
しかし、その気持ちがかえって逆効果の結果を招くこともあります。

その良い例が、早く家に帰りたい余りに、急行に乗ってしまうことでしょう。
はっきり申し上げますが、気分の悪い時の急行は、満員電車であろうが、空いているときであろうが、多かれ少なかれ地獄です。

なぜなら、一度乗ってしまったら10分以上は外に出られないからです。

電車が空いている時は座れるので、ある意味最適な移動方法かもしれません。
しかし、貧血や吐き気がある場合だと、この密閉空間が命取りになることも。

気分がどんどん悪くなってきているから、電車を降りたいのに降りられない。

ぐるんぐるんの頭で、この状況はかなり泣きそうになります。

こんなことにならないためにも、しんどい時は電車は各駅停車に乗ることを推奨します。

電車を降りたい時にすぐ降りられる、
気分が良くなったら、急行が停車する駅で降りて、急行に乗って帰る、
という選択もできますしね。

そんな各停の電車もラッシュ時には混雑しています。
電車を1本ずらすことで、座れるようだったら、待ちましょう。
安全に帰るためには、迅速性よりも確実性のほうが大切です。
待つことで余計な時間がかかるかもしれませんが、電車内で倒れること(経験アリ)を防ぐためです。電車内で倒れてしまうと、場合によっては電車を止めてしまい、人様に多大な迷惑をかけてしまうことがあります(経験アリ)
そうなると、申し訳なさと恥ずかしさでいっぱいになるので、無理は避けましょう。

電車を待っても、座れない場合はどうすればいいの?

そんな時は、自分の力だけで立たないで済む場所、人の密度が少ない場所に潜り込むことが大切です。

具体的な場所としては、

1.車両間を仕切る扉の側の吊り革
2.1以外の吊り革
3.乗降口側の手すり

以上の3つが該当します。

ここで問題です。この中で最も好条件な場所は、どこでしょう?

しんどい時は何かにもたれたい気分になりますよね。

この点から、まず2は削除されます。もたれるところがないですから。

残るは1か3ですが、両方とももたれるところはあります。

では、どちらがより好条件の場所なのでしょうか?

結論からいうと、1の方がいい場所といえるでしょう。

3は、もたれる場所がありますが、混雑時の乗降口付近は殺人的に人の出入りが激しいです。また、人の密度が高いと、ぎゅうぎゅう詰めになって人に潰されて、耐え難いほどに体調が悪化してしまいます。そうなってくると、かえって2の方が「良い場所」と言えるかもしれません。

その点、1は

乗降口から離れているので、人ごみから逃れられるし、
もたれられる場所も確保できているため、他の場所より快適です。

ちなみに、途中で電車を降りて休みたくなった場合、大きい駅で降りたほうがいいかもしれません。

トイレが充実しているからということもありますが、駅員の方の詰所(サービスセンター)があるからです。

そこは、よっぽど気分の悪い時の最終手段ですが、駅のベンチや待合室で休むよりも、かなりいい環境で休むことができます。行くのに、勇気はいりますが・・・。

あの手この手で、電車を乗り切って、無事最寄り駅に到着。

次は、「最寄り駅から家に帰る」、後編です。

ごめんなさい。また、長くなっちゃいました・・・。

そして、明日から泊りがけで、諸事情で京都に行って来ます。

ドカ雪が予想される、かの地・・・。なぜ、あのメンツで行くといつも天気が悪いんだろう?

という愚痴はさておき、明日は凄まじい寒波らしいので、皆様お身体にはお気をつけくださいね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
なるほどなるほど
確かに急行とかだと降りたくなったときにすぐに降りれないですものね。
でもあたしはダイジョウブ!!
だってそもそも各駅停車しか乗りませんからd( ̄_ ̄d)☆
(混んでるのキライ…)
前に東急東横線沿線に住んでたときはよく駅係員室にお世話になりました。
なぜかいつもカルピスを出してくれます。
(カルピスは身体にいいのか?)

京都寒そうですねーーーー( ̄~ ̄)
風邪引かないようにね
2005/12/18(日) 14:30:12 | URL | ねーさん #-[ 編集]
私も過喚起症候群の発作がひどかった時期は急行に乗れずに(一度発作を起こすと乗る事が怖くなってしまうんですね)各停のお世話になりました。

つり革までは考えた事なかった~。
教えて頂いた好条件順位、覚えておきますね!

私は丈夫なんですが精神的なもので体調悪くなるのでこう言う情報はとてもありがたいです。

余談ですが、友達は下痢の時に急行にのって脂汗状態でエライ目に遭って以来、お腹の緩い時には各停なんだそうです(笑)

冬の京都は情緒があって素敵ですよね~。
京都土産話も聞かせて下さいね~~~!
2005/12/18(日) 21:31:34 | URL | ポジティブ #AXUJ28mU[ 編集]
度々お邪魔します。

風邪の症状で具合が悪くなった時もそうですが、持病を抱えてると日頃から乗る電車もあれこれ考えるんだよね~と、昨日お友達と話題になりました。

トイレの付いている電車は(在来線でもいくつかありますよね)、体調の悪い時には安心するよね、特に吐き気を感じると・・・って。
トイレつきは各駅間の間隔が長いって事もあるんでしょうけれど、いざとなったらトイレがある・・って精神的な安心は嬉しいかも・・。

京都はいかがですか?
今日から冬休みなので、古都の冬もよいなぁ・・・と、忘年会三昧のスケジュールを見ながら「いつ行く気だ!?」と、自分につっこみ入れてます(笑)
2005/12/22(木) 09:02:08 | URL | ポジティブ #AXUJ28mU[ 編集]
良いお年をお迎え下さいね
こちらにお邪魔させて頂き、楽しいお話が出来て楽しかったです。

体調はいかがですか?

また実家から帰ったらお邪魔しますので遊んで(?)下さいね~!

来年もnanaichi28号さんにとってよい一年になりますように・・・・。
2005/12/31(土) 16:00:04 | URL | ポジティブ #-[ 編集]
まさか
京都で凍えてるのかしら??
また覗きにきますねーー(*^ー゜)ノ
2006/01/16(月) 21:31:11 | URL | ねーさん #-[ 編集]
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

初めまして恋愛事情 管理人 です。 (^=ω=^)

ネットサーフィンをしていたらこのサイトが目にとまりました。

数あるサイトの中でもここを選ばせて頂いたのはブログの記事も楽しくとても内容のあるサイトだと感じました。
そしてサイトの構成・配置・デザインなどもセンス良く出来ています。

内容を読んで楽しく私もこのサイトのファンになりました。全体的なバランスも良く完成度の高いサイトだと感じております。

恋愛事情のサイト内容は恋愛、性、不倫、女性向けの話が中心100種類以上の無料占い・無料ゲーム。

恋愛事情内に恋愛事情サーチエンジンの設置を行いました。ただいま完成された素晴らしいサイトの登録を募集中です。
サイトを覗いて直ぐに良くできたサイトだと感じ是非登録だけでもしていただければ大変嬉しく思います。

よろしければ相互リンクをお願いします。

恋愛事情サーチエンジン登録はこちらから可能です。是非登録お願い致します。(・x・)/


http://rena-i.net/cgi/yomi-search/regist_ys.cgi?mode=new   

--------------------------------------------------------
サイトタイトル:恋愛事情 (占い無料・ゲーム)

サイトURL : http://rena-i.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2006/01/21(土) 20:15:38 | URL | 恋愛事情 (占い無料・ゲーム) #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/08(月) 00:55:44 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/07(水) 11:33:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。